「あれから40年・・・・」という綾小路きみまろさんの漫談の決め台詞があります。
新婚当初と現在の奥さんの対応の違いを笑いに変えたステージは面白いですね。
素敵な俳優さんやカッコイイ芸能人でも3~40年も経つと変わってしまう方も多々います。
見た目もそうですし中身ももちろん変わってしまう方々も世の中には多いものです。
それは良い意味でも悪い意味でも変わりますよね。人は変わる生き物です。
人間って、生き方次第で成長もすれば、だらしなくもなるものですから。

今現在の自分と10年後、20年後、30年後の自分の未来を想像してみましょう。
が、自分のことですら先のことはわかりません。
時代の流れや周囲の環境や健康状態etcもろもろの状況の変化によって、自分の未来ですら確定したものはありません。「こんな風に年を取りたい」という希望、理想はあると思います。
理想のパートナーと二人で歩む「結婚生活」というものもあるでしょう。
しかし自分の理想は自分の理想で、パートナーの理想はパートナーのものです。

自分の理想だけを追い求め、相手に押し付けるような結婚生活ってどうでしょうか?
あなたの理想は相手にとっては「・・・であらねば」のような条件かもしれません。
結婚しても女性には仕事は続けて欲しいとか、親に対してはこう接して欲しいとか、
家のことは全てして欲しいとか、自分の趣味の◯◯だけは絶対に続けたいとか・・・。
男と女がそれぞれに理想を追い求めると、互いの条件の押し付け合いになる事もある。
「お互いの条件だけで結婚する」かのように、他の大事なものが欠けたような結婚。

わかりやすい例があります。当会で成婚退会なされた女性会員の話ですが、
結婚が決まる一つ前にお付き合いした条件の良い男性は「仕事は続けるべきだし、
家事もして欲しい、」などと細かい指示(というか条件)が多い人だったそうです。
一方、結婚が決まった方はと言うと「君がしたいようにやっていいよ」だったそうです。
どちらか比べればほとんどの女性が後者を選ぶのは明らかだと思います(笑)
しかし、世の中の結婚が遅れてしまう多くの方々の特徴は前者なのですよね。

これは別に男性に限っったことではなく女性にも言えると思うのです。
どちらかというと男性の方が不必要な「条件」を掲げる方は多いようですが・・・。
理想を追い求めることは悪くはないと思います。 逆に良いことです。
しかし、自分の理想を押し付けると相手にとっては「条件(制約)」で縛られてしまうようで
将来の生活に夢も希望も持ちにくく面白くないものになるという相手の現実があるのです。

結婚生活という「理想」は一方的に押し付けるものではなく、パートナーと共に話し合い、
協力し合いながら築きあげるものだと思うのですよ。どうしても条件があるのであれば、
自分の努力で相手に理解してもらえばいいのです。
努力もしないで相手に押し付けるだけで理想通りの生活が待っているはずがありません。
「結婚はひとりではできないもの」 という当たり前の現実をまず意識することですね。
結婚するためには自分の理想よりも相手への「思いやり」の方が大事だと思うのです。

10日で1組の成婚 が誕生している福岡の結婚相談所縁マリッジ は、無料相談時に
相談所の婚活方法や現代の結婚事情、相談所の違い等をわかりやすく説明しております。
無料相談時にセールス、勧誘などはしない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールやお電話で、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

★ 最後まで読んでくださり有難うございます!
 よろしければ応援のクリックをポチッとお願いします^^/
人気ブログランキング へ投票する

◆ Facebook(フェイスブック)ページ 

yoyaku01

このBLOG記事を書いた人

武市 潔
武市 潔縁マリッジ代表 
福岡市、西鉄薬院駅すぐ横にある、結婚相談所・縁マリッジです。
10日に1組以上のペースで成婚カップルが誕生している、縁マリッジは何故成婚が多いのか?相談所で婚活する為のお話を書いています。
福岡いちわかりやすいと評判の無料相談は予約制になっております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で