出会いの数は多い方がいいでしょうか、少ない方がいいのでしょうか?
誰もが「そりゃ、少ないより多い方がいいに決まっているでしょ!」と言いたくなります。
確かに10人より100人。100人よりも1000人のお相手がいた方が楽しそうですよね(笑)
当会も幾つかの協会に加盟していますので全国を希望すれば5万人以上の紹介数になります。
しかし紹介できる人数が5万人を超えても実際にお会いできる人数はそんなに多くはないもの。
どんなに人数がいようと会える人は限られています。「縁のある人しか会えない」のです。

10年ほど前は今のように仲人の協会網も発達していませんでしたので、
紹介できる人数も相談所単位では福岡あたりではとても少ない人数でした。
数百名といった所でしょうか・・・。男女、年代、条件でわけると更に少なくなりますね。
しかし、その中でも成婚は今と変わらないくらいに出ていたものです。何故でしょう?
それはきっと「その限られた中」から縁のある方を真剣に探していたからだと思うのです。
少数精鋭というわけではありませんが、多ければそれで良いということではないようです。

会員数が200名と、2000名で考えてみましょう。(男女比は1:1とした場合)
すると100名の男性に100名の女性で、1000名の男性に1000名の女性という事になります。
人数が増えても、実は比率は変わらないということですね。
男性1人に1000人の女性がいるようですが、女性1人にも1000人の男性がいるわけで、
選択肢が100人から1000人に増えてしまう分、逆に選び方が難しくなったりするわけです。
若い方ばかり選んでしまったり、ステータスが高い方ばかり選んでしまう・・・ような。

選択肢は増えれば増えるほど手強く、決めることが難しくなる傾向があるようです。
もしかしたら・・・下手な鉄砲も数打ちゃ・・・次がある、次がある・・・もっと良い人が・・・。
そんな「願望」というか「理想」を追い求める時間が長くなったのが最近の傾向でしょうか。
通常、結婚って自分の周囲の環境や人々との縁で出会ったりするのがほとんどだと思います。
ですから意外に結婚を考えるような方と出会う機会ってそうは多くはないものなんです。
それが普通で自然であると思います。そんなに人生で多くの異性とは出会わないものです。

限られた出会いの中だからこそ真剣に向き合い、決めることができやすいと思うのです。
もしかしない。下手な鉄砲は当たらない。次はない。だから「この人に決めた」になるのでは?
現実的な気持ちを強く持って婚活をしていかないと「決められない人」になってしまいます。
選択肢が増えてしまうと「選び方」はとても難しいものになってしまうようです。
誰もが人気コンテストのような順番で相手を選ぶような婚活をしてしまうとキツイものです。
誰もが「選ぶ人」でもありますが、その逆で「選ばれる人」にもなりうるのが結婚なのです。
選ぶだけではなく「選ばれる側の自分」を見つめ直す事が何かヒントになるかも知れません。

◆「選び方」関連のBLOG記事









10日で1組の成婚 が誕生している 福岡の結婚相談所縁マリッジ は、
無料相談時に相談所の婚活方法や現代の結婚事情、相談所の違い等わかりやすく説明しています。
無料相談時にセールス、勧誘などはしない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールやお電話で、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

 よろしければ応援のクリックをポチッとお願いします^^/
人気ブログランキング へ

◆ Facebook(フェイスブック)ページ 

yoyaku01

このBLOG記事を書いた人

武市 潔
武市 潔縁マリッジ代表 
福岡市、西鉄薬院駅すぐ横にある、結婚相談所・縁マリッジです。
10日に1組以上のペースで成婚カップルが誕生している、縁マリッジは何故成婚が多いのか?相談所で婚活する為のお話を書いています。
福岡いちわかりやすいと評判の無料相談は予約制になっております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で