今この瞬間に、このBLOGを読もうとされている皆様方はどのようなキッカケで
縁マリッジのHPを知り「ちょっと読んでみようかな?」と思って下さっているのでしょうか?
一番多いのは現在の当会の会員さん達ではないかと思います。
また、当会を卒業(成婚退会)してからも読んで下さっている方々は多々いらっしゃいます。
先日、結婚式を前日に挙げたばかりのお二人が挨拶に来てくださいましたが、男性会員さんの方が
「今でも読んでますよ。これからも夫婦道を勉強しますよ!」なんて仰るから嬉しいものです。

その次に多いのは何と言っても「婚活しようと思うけど何をどうしたら・・・」と考えている方々。
そしてネットで調べているうちに婚活にも色々な手段があるんだなぁ~と知り、その中でも
そもそも結婚相談所ってどんなところなんだろう?という疑問に辿り着くのだろうと思います。
ひとくちで結婚相談所といっても色々な種類がある事は通常の方々は知らないし、わかりません。
ネットで簡単に登録して出会いを楽しむようなネット系、気軽に参加して楽しめそうなパーティ系、
全国に支社があるシステマチックの大手系、そして私共のように間に人が入る仲人系の相談所等。

知らなかっただけで世の中にはたくさんの結婚相談所みたいなものがあるんだなと知るわけです。
そこでHPをたくさん見たり、資料請求をしたり、噂を集めたりして益々わからなくなる。@@;
基本的に当会もそうですが、HPや資料には良い部分しか書かないので見分け方は難しいでしょう。
HPだけでは微妙だなぁ~と思った方々がBLOGも読んでみようとなるのだと思います。
そして数週間、数ヶ月と読み続けて「ここはちゃんと真面目にやっていそうだ」と合格点をつけて
ドキドキしながらメールや電話で無料相談のお申し込みをして下さっているのだと思っています。

縁マリッジの会員さんは95%以上がこのBLOGを読まれてからのご入会です。
BLOGに書いてあること、HPに書いてあること、そのメッセージの一つ一つが本当の言葉なのか
実際にご自分の目と耳と心で感じてみようと「無料相談」に来られ、確かめられるのです。
ご自分の一生を決める「結婚」に関してのことなのです。それくらい慎重で当たり前だと思います。
何も考えないでただ単に出会いさえあれば何処でもいいというような方は当会には来られません。
それくらい結婚に対して「真剣で誠実な方々の集まり」が当会の会員の質の高さにも繋がっているのです。

そのような環境下で真剣な出会いの繰り返しが日常行われるからこそ成婚が多い相談所になったのです。
先日も他の相談所のベテラン仲人アドバイザーの方からとても嬉しいお褒めの言葉を頂きました。
「縁マリッジの会員さんはマナーもいいし、とても感じのよい方が多くて羨ましい」と。
お見合という縁組は他の仲人さんと組む事もあるのですが当会の会員さん達は良い意味で目立つようです。
良い会員さん達の集まりが、更に良い会員さん達を惹きつけていくという好循環が当会の魅力です。
ひとりひとりの真剣な行動が他の方々にも良い影響を与え、そして自分にも返ってくるようになるのです。

やはり結婚という出会いはそういった好循環の巡り合わせの中で出会う縁の方が安心で楽しいです!
ラグビーの言葉ではありませんがまさしく「ワン・フォー・オール オール・フォー・ワン」です。
「1人はみんなのために、みんなは1人のために」というような意味だったと思いますが、
当会の会員さん達の繋がりは、もちろん皆さん無意識ですがそのような感じなのではないかと思います。
その円の中心に私共、縁マリッジがいつも明るく照らしながらいられるようにこれからも顔晴ります。

1
※ 10月19日に見に行った博多灯明ウォッチングの時の写真です。
https://www.facebook.com/enfukuoka

10日で1組の成婚が誕生している 福岡の結婚相談所 縁マリッジ は、
相談所の婚活方法や結婚事情、相談所の違い等をわかりやすく説明しています。
無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールかお電話にて、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

★ 最後まで読んで下さり有難うございます!
 よろしければ応援のクリックをポチッとお願いします^^/
人気ブログランキング

◆ Facebook(フェイスブック)はじめています! 

40507325_35U

yoyaku01

このBLOG記事を書いた人

武市 潔
武市 潔縁マリッジ代表 
福岡市、西鉄薬院駅すぐ横にある、結婚相談所・縁マリッジです。
10日に1組以上のペースで成婚カップルが誕生している、縁マリッジは何故成婚が多いのか?相談所で婚活する為のお話を書いています。
福岡いちわかりやすいと評判の無料相談は予約制になっております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で