学校を卒業して社会に出て仕事を覚えて、やがて仕事が面白くなる時期が来たり
あるいは責任を持たされて楽しくなる時期とかと結婚適齢期は微妙にかぶります。
または仕事にも少し余裕ができて、趣味にドップリとはまってしまう時期もあるでしょう。
20代の頃に恋愛されて、その流れで結婚までゴールできれば、とてもハッピーな事です。
しかし30前後になれば自然に出会い結婚すると思っていた未来がそうは行かないことも多いものです。
それはお相手との「結婚したい気持ち」の温度差が微妙に違うからなのです。

結婚(したい)温度が同じくらいで出会わないとなかなか結婚は難しいものです。
片方が仕事が面白い時期だったり、趣味が楽しくてしょうがない時期の時もあるでしょう。
それはそれで人生の中には(仕事や趣味にハマる)時期もあるので充実していていいのですが、
そのタイミングが微妙にすれ違ったまま、時が過ぎてしまい終わってしまう恋愛も多いです。
結婚は片方だけが結婚(したい)温度が高くても、相手にその気が無ければ難しいからです。
まして女性側から結婚の話を積極的にしたりすると逆に引いてしまう男性もいることでしょう。

しかし結婚と共に出産という男性には無いイベントを控えている女性にとっては時間は切実なもの。
楽しい恋愛が嫌いだというのではなく、その先に結婚が見えない恋愛はしたくないだけなのです。
結婚したいと思っている人が、今は結婚したくないと思っている人と出会うとツライと思います。
1年以内に結婚したいと思っている人が3~4年後位に結婚したいと思っている人と出会うとツライ。
相手を信じて付き合ってみたが、3~4年後にうまく行かなかった場合はどうなるのでしょうか。
どちらかと言えば女性の方が結婚となると、長引けば長引くほど損をするケースが多いものです。

29歳の男女が4年間、前向きにお付き合いをしてうまくいかなかった例で考えてみましょう。
現在29歳の女性でしたら4年後は当たり前ですが33歳になります。そこからリスタートなのです。
お別れしたばかりで少し休憩したいところだけど、出産のことも考えると休んではいられないし、
かといって新しい出会いや自然な出会いは全く期待できないので途方に暮れてしまうかもしれません。
一方、同じ33歳の男性は「疲れたから婚活は休憩。しばらく休んでまた20代の女性を探そう」かもです。
皆が皆そうではありませんが男性と女性の婚活では「時間」や「年齢」という概念が大きく違うのです。

だからこそ「結婚(したい)温度」が同じくらいの人と出会うことは、とても大事なことなのです。
その点、結婚相談所は「良い人がいれば結婚したい!」という目的が同じ方々同士が出会える場所です。
しかしそれだけではダメなのです。「結婚したい」という目的とあわせて、もう一つ大切なこと。
それは当会のキャッチフレーズの一つ「1年以内に結婚相手を見つけたい」という熱い気持(温度)です。
お互いが同じ気持でそして同じ目的で安心して出会えるからこそ「最高の出会い」が訪れるのです。
1年以内に出会いたい!という目標を期限設定することで、結婚温度の維持もできるのです。

1年以内に結婚相手と出会い(結婚したい)という結婚温度が高い方は、縁マリッジにお越しください。

en-logo1nen

10日で1組の成婚が誕生している 福岡の結婚相談所 縁マリッジ は、
相談所の婚活方法や結婚事情、相談所の違い等をわかりやすく説明しています。
無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールかお電話にて、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

★ 最後まで読んで下さり有難うございます!
 よろしければ応援のクリックをポチッとお願いします^^/
人気ブログランキング

yoyaku01

このBLOG記事を書いた人

武市 潔
武市 潔縁マリッジ代表 
福岡市、西鉄薬院駅すぐ横にある、結婚相談所・縁マリッジです。
10日に1組以上のペースで成婚カップルが誕生している、縁マリッジは何故成婚が多いのか?相談所で婚活する為のお話を書いています。
福岡いちわかりやすいと評判の無料相談は予約制になっております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で